■敬語とは?

平成19年文化審議会国語分科会は、敬語を今までの3種類から5種類へと分類した。

3種類(今までの分類)

5種類(これからの分類)

尊敬語 尊敬語
謙譲語 謙譲語T
謙譲語U
丁寧語 丁寧語
美化語

今まで「謙譲語」と一括りになっていたものが「謙譲語T」と「謙譲語U」に細分化され、「丁寧語」も「丁寧語」と「美化語」に分けられた。変更に関しては、おいおい触れるとして、先ずは敬語の基本をおさらい。

 

■日本語の敬語の仕組みについて考えてみよう。

敬語は、尊敬する人物と自分との差を表すことによって成り立っている。「差」(もしくは、その開き自体)によって敬意を表すということは、 即ち自分と相手が対等ではないこと示す。自分と相手が対等でないことを示し、それによって敬意を表しているということだ。

相手と自分が対等ではないことを示す方法には、3種類ある。

@相手(話題の人物)を高める

A自分を低める

@+A相手(話題の人物)を高めながら自分を低める

@相手(話題の人物)を高めることを尊敬語という

A自分を低めることを謙譲語という

B相手(話題の人物)を高めながら自分を低めること(@+A)を総称して敬語と呼ぶ。

■具体的な違い

@尊敬語(相手を高める)

尊敬語 たとえば、このような関係にある相手が「本をくれる」とすれば、自然と「本を下さる」となるだろう。(「下さる」は当然、尊敬語)

 

A謙譲語(自分を低める)

謙譲語 たとえば、このような関係にある相手から「本をもらう」とすれば、当然に「本をいただく」となるはず。(「いただく」は謙譲語)

 

B敬語 (相手を高めながら自分を低める @+A

敬語 たとえば、「相手が誰かからもらった本を私が相手からもらう」(誰か→相手→私)の場合は、「もらわれた本をいただく」となる。(「もらう」の尊敬語は、「おもらいになる」「もらわれる」。謙譲語は「いただく」)

 

そしてこの「相手と対等ではないことを示す」という敬語の基本理念は、様々な間違いを誘発する。その最たるものが、尊敬語と謙譲語の取り違えだ。 もしBの例で、「あなた様がいただいた…」と始まれば、それはもう間違いであることが、その瞬間にわかる。「いただく」という動詞は、 Aの例のように一段下がった立場の人間が言うのであり、それを尊敬しているはずの相手に対して使うということは、黙示に『お前、一段下がれよ』と言っているのと同じなのだ。(かなり無礼な話である)。
尊敬語と謙譲語の区別がついていないということは、尊敬している相手を知らず知らずのうちに低めていたり、自分のことを尊大に高めていたりするということなのだ。
話す度にギャンブルのような気持ちで手を合わせて祈るよりは、敬語について勉強する方がラクです。
きっと

 

つぎは…>>>敬語を調合する

 

Copyright ©2012 和みプロジェクト ごちそう日本語研究所 All Rights Reserved